スポンサーサイト

  • 2012.12.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    走れ!メロス2

    • 2011.12.30 Friday
    • 10:42
     セリヌンティウスは落ち着いた調子で、何も言わずにメロスの願いを聞き届けた。
    ただ、セリヌンティウスが言ったのはメロスの靴と服の心配だけだった。

    「服はぼくのやつを貸してやろう。とびきり丈夫で、雨なんかもそれははじくんだよ。靴のほうは、そうだな、履き慣れたものがいい。もし、足をくじいたらことだからね」
    メロスはただうなずいた。セリヌンティウスに縄がうたれた。王はただそれを見ていた。

     その夜から一睡もせずメロスは十里の道を急ぎに急いだ。村に着いたのは丁度昼前だった。よろよろして帰ってくる兄をみて妹は驚いた。

    「なんでもない。町へ大切な用事があるんだ。すぐもどらないといけない。それからは少し時間がかかるから、その前にお前の結婚をすましてしまおうと思うんだ」

    急な事なので、びっくりしたし、妹は頬をあからめた。

    「うれしいかい?。そうか。綺麗な衣装も買ってきたんだ。ほらごらん。ほれ、これから、村の人たちに知らせてくるんだ。結婚式は明日だって。」

    それだけ言って、メロスは泥のように眠った。

     メロスは夜に起きて、花婿の家をたずね、事情があるので結婚式を明日にしてくれとたのんだ。
     驚いたのは花婿のほうで、こちらは何の準備もできていない、せめて、葡萄のとれる季節まで待ってくれという。
     あたりまえだ。メロスはしかし、待てないという。花婿も頑固だった。議論は夜明けまで続いた。花婿は、メロスの尋常でない熱意に負けて、そうしてやっと承知した。結婚式は真昼に行われた。
     式の途中で、やおら空が曇ってきて、ぽつりぽつりと地面をぬらして、とうとう大雨になった。祝宴に参列していた村人は、少し不吉におもった。しかし、めいめい気をひきたてて、狭い家の中、むんむん蒸し暑いのもこらえて、陽気に歌をうたい手をたたいた。
     妹がとてもうれしそうなのを見て、メロスもとても喜んで、あの王との約束を少しの間だけ忘れるぐらいだった。人々はそとの大雨など忘れるぐらい にさわぎ、もりあがった。メロスは楽しくて、うれしいので、一生ここにいたいと思った。内気だけれどかわいい妹と、その婿であるこの堅実そうな新しい義理 の弟と、陽気な村人たちとずっと生涯暮らしていくのだと思った。しかし、明日の夜にはメロスは死ぬのだった。
     メロスは宴もたけなわな頃、一人部屋を出ていって顔をあらった。そうして、自分の顔を見て、雨の音を聴いた。雨がやむまで一眠りしたほうがいいだろうと思った。
     大雨の中、出ていくよりは、小雨になってから走ったほうが早くつくだろうと思った。メロスは、狭いがにぎやかな祝宴の場にまたもどり、花嫁に近寄って言った。

    「俺は明日大切な用事があるのでもう寝るよ。いや、心配しないでいい。いいかい。いもうとよ。おまえの兄の一番嫌いなものは、自分をあざむくこ と、人を疑うことだ。これからも正直だけがとりえのような不器用な人になるんだ。おまえにおれなんかが言えることは、それぐらいだよ。亭主とうまくやるん だぞ。おまえの兄は、たぶん不器用さにかけては誰よりも偉いのだから。おまえもその誇りをもっていろよ。たのんだよ」
     花嫁はにこにこしてうなづいた。しかしうれしくって、ちゃんとは聞いてない様子だった。メロスも力なくわらった。
     メロスはそれから花婿の肩をたたいた。
    「急に結婚だなんてわがままを言ってすまなかったね。前にきみはうちにはなにもありませんがって言ってたね。うちだって、宝と言えば妹と羊ぐらいだ。ほかには無いけれど、できれば俺の弟になったってことを誇ってくれたまえ」
    メロスはばかだった。花婿はとても嬉しそうに、メロスの手をにぎった。メロスは村人達に会釈をして、羊小屋にもぐりこんで眠った。そして短いがとびきり楽しい夢を見たような気がして、めがさめた。


    スポンサーサイト

    • 2012.12.22 Saturday
    • 10:42
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      吉本隆明論

      吉本隆明論

      アンビエントナリッジ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM