スポンサーサイト

  • 2012.12.22 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    脳は絵をどのように理解するか―絵画の認知科学

    • 2012.01.01 Sunday
    • 14:26
    評価:
    ロバート・L. ソルソ
    新曜社
    ¥ 3,675
    (1997-11-15)
    コメント:ハードウエアとしての視覚、認知から記憶モデルに話しが行き、遠近法を一つの例として絵画の歴史から認識のいとなみの歴史に接近して、情報ネットワークに話題が飛んで絵画と認知科学についてのトピックを教科書的に紹介

     

    ハードウエアとしての視覚、認知からスクワイアの記憶モデルに話が行き、遠近法を一つの例として絵画の歴史から認識のいとなみの歴史に接近、情報ネットワークに 話題が飛んで絵画と認知科学についてのトピックを教科書的に紹介。主に短期記憶的な絵画の認識と歴史にいくらか長期記憶的なエピソードが差し挟まれる。

    1:目のしくみ(光の物理的特性、網膜、錐体細胞)
    サッケード:19世紀にエミールジャヴァルによて読書との関連によって初めて研究された。読書時には、毎秒2回から3回のサッケードが起こること が知られている。サッケードの間には、目は約250から300ミリ秒の間、対象や光景に固定する。一般に、注視時間は、興味深い対象やよくわからない対象 では長く、ありふれた対象や単純な対象では短い。私たちは、この注視時間の間だけある特徴を「見て」、次に別の特徴に移る。目の動きは、見ている時間の 10%を占める。こうした目の動きの間、視力は著しく低下する。
    2:脳のしくみ
    3:側抑制と錯覚
    4:知覚的体制化(ゲシュタルト、群化、閉合、プレグナンツ)
    5:トップダウン処理と文脈、意味
     スキーマ:情報の組織化を支配する法則
     スキーマによる誤った記憶
     認知的不協和
    6:サッケードと注視時間
    7:遠近法
    8:遠近法と美術の歴史
    9:長期記憶とスキーマ、
     プロトタイプによる認知
     連合主義(コネクショニズム)



    スポンサーサイト

    • 2012.12.22 Saturday
    • 14:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>

      吉本隆明論

      吉本隆明論

      アンビエントナリッジ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM